静岡県で、医療・保健・福祉など、総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

HOME交通・アクセス

下田メディカルセンター 回復期リハビリテーション病棟

  1. 下田メディカルセンター トップ
  2. 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟とは、脳血管障害や骨折の手術など急性期の治療を受け、病状が安定した患者さまの機能の回復や日常生活動作の向上を図り、社会復帰や在宅復帰を目指して集中的にリハビリテーションを行う病棟です。

  • スタッフ
  • リハビリテーション
  • カンファレンス
  • 家屋調査
  • 職員の声
  • よくあるご質問

ページの先頭へ

スタッフ

回復期病棟では医師・看護師・看護助手・介護福祉士・理学療法士・作業療法士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士・薬剤師などの多職種が協力して、患者様やご家族の希望に沿って、何が必要なのかを話し合い、全員が共有し一丸となってリハビリテーションを行っていきます。

スタッフ写真

ページの先頭へ

リハビリテーション

リハビリテーションスタッフ写真

入院生活の中でリハビリスタッフを中心に機能改善や能力改善をはかっていきます。
また病棟スタッフとも連携を図り病棟生活でも能力改善に努めます。

ページの先頭へ

リハビリテーション室でのリハビリ風景

患者さんの機能を考えてその人にあったリハビリプログラム提供しています。目的によりプログラムは無限にあります。
また、必要に合わせて日常生活訓練を実施しています。その人らしい生活を送れるようにリハビリを提供しています。

リハビリ写真 リハビリ写真2 リハビリ写真3 リハビリ写真4

ページの先頭へ

病棟でのリハビリ風景

理学療法士・作業療法士以外にも病棟でリハビリを行っています。日常生活の中でより近くにいる看護師・介護士が主に介入します。リハビリがない日に行っており休日でも訓練を行っています。

病棟でのリハビリ写真 病棟でのリハビリ写真2

ページの先頭へ

生き活きクラブ

入院生活の中で活動量を向上する目的でリハビリ以外の時間に小集団での様々な活動を行っています。

生き活きクラブ写真 生き活きクラブ写真2

ページの先頭へ

カンファレンス

患者様の目標、方向性、現状を把握するために定期的に話し合いをもうけています。
また、患者様本人・ご家族にも参加いただき情報を共有しよりよい形で退院できるように支援します。

カンファレンス写真 カンファレンス写真2

ページの先頭へ

家屋調査

家屋調査写真 カンファレンス以外にも退院時必要に応じて在宅訪問させて頂いています。
その際に外部よりケアマネージャー、介護業者なども含めて退院後の手すりの設置等住宅改修の支援を行っています。

家屋調査写真2 家屋調査写真3

ページの先頭へ

職員の声

医師 看護師 介護疎士 ソーシャル・ワーカー 理学療法士 作業療法士

ページの先頭へ

よくあるご質問

Q、回復病棟へ移ってからどれくらいで退院できますか?
A、スタッフ・ご家族との話合いで退院を決定致します。
Q、一般病棟とリハビリ病棟の違いって何ですか?
A、一般病棟疾患に対し治療を中心に行っていきます。回復期は院内で生活して頂きリハビリを中心に生活して頂きます。
Q、どのくらい入院できます?
A、リハビリ病棟転入後、運動器(骨折等)は90日、脳血管(脳梗塞)150日入院可能です。
脳梗塞は高次脳機能障害の場合180日まで入院可能です。
Q、退院しても外来リハビリは利用できますか?
A、利用できます。その際担当が変更になる場合があります。
Q、どんな病気・けがで入院できるの?
A、対象は疾患によってお引き受けできない場合があります。
急性期病院より転院となりますので希望入院は出来ません。
Q、退院する時なにかしてくれるの?
A、退院前に被介護保険者であれば住宅改修・介護サービス調整などの調整を在宅へ訪問し行っています。
Q、どのくらいの時間リハビリできますか?
A、1日午前、午後の2回行います。時間は1回1時間程度です。
Q、必要な持ち物・服装はありますか?
A、必要なものはありませんが、運動を行うので動きやすい服装・踵のある靴で来院してください。
Q、毎日行いますか?
A、祝日・日曜日を除いて毎日行います。
Q、病院でリハビリをしても、家での生活に不安があります。
A、外泊・外出訓練を行ってご自宅へ帰る体力・能力が改善・向上されたら退院となります。

ページの先頭へ