静岡県で、医療・保健・福祉など、総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

HOME交通・アクセス

予約専用電話番号 0558-38-0443

下田メディカルセンター 病院概要

  1. 下田メディカルセンター トップ
  2. 病院概要

病院概要

下田メディカルセンター 病院長挨拶

病院長

下田メディカルセンターのホームページを訪ねていただき、ありがとうございます。

当院は、南伊豆町にあった共立湊病院を前身として、平成24年5月に下田市に移転し、開院した新しい病院です。下田市、南伊豆町、河津町、松崎町、西伊豆町、東伊豆町の1市5町で設立する一部事務組合から、私どもの法人、静岡メディカルアライアンスが指定管理を受けて運営させていただいている公立病院でもあります。

当院が所在する伊豆半島南部、賀茂医療圏は医療過疎地域であるため、公立病院である当院の最重要使命は急性期医療への対応です。地域の3割強の救急車を受け入れ、可能な限り当院で対処するよう努めています。しかし、心筋梗塞等、当院で対応できない重症者については、順天堂大学静岡病院等の高次医療機関に適時適切に受け入れていただいております。このため、周辺の医療機関との連携は当院にとって非常に重要であり、各種協議会や研究会等に積極的に参加して、関係する方々との顔の見える関係の構築に努めています。

また、高齢化率が40%前後と極めて高いことも当地域の大きな問題であり、回復期・慢性期医療への取り組みも当院の新たな使命となってきました。このため、すでに開設している回復期リハビリテーション病棟に加えて、平成28年4月からは地域包括ケア病床を新たに開設致しました。これにより、急性期から回復期、慢性期まで一施設内でシームレスに対応できる体制が整うこととなりました。

このように、当院は地域の中核的医療機関として、地域が今求めるさまざまな医療ニーズに適切に応える責務を有しています。職員一同、住民の皆さまの熱い期待に応えるべく努力しておりますが、その際の障害となっているのが医療スタッフの不足です。医師は元より、看護師、理学療法士等、地域のために共に働いてくれる多くの医療スタッフを求めています。当ホームページを訪ねていただきました医療関係者の皆さまには、我が国の開国に深い関わりをもつ歴史の町下田、気候温暖で海山の幸と温泉に恵まれた下田での生活に興味をもっていただき、当院での勤務をご検討いただきますよう、心からお願い申し上げます。

平成29年4月 病院長 畑田 淳一

下田メディカルセンター 病院理念・基本方針

病院理念

仁愛の心を持ち、安心・安全で、かつ質の高い医療サービスを、24時間365日提供することにより地域貢献を果たします。

基本方針

  1. 質の高い地域医療・急性期医療の実践を使命とします。
  2. 患者さん、ご家族も参加するチーム医療を進めます。
  3. 個人情報を守り、必要な情報は開示します。
  4. 医療から介護まで、幅広いサービスの円滑な連携を図ります。
  5. 院内及び地域の医療教育・研修活動に力を注ぎます。
  6. 職員がお互いを信頼、尊重し、働きやすい職場を作ります。
  7. 健全かつ安定した病院経営を行います。

下田メディカルセンター 病院概要

開院 平成24年5月
所在地 〒415-0026 静岡県下田市6丁目4-10
電話 0558-25-2525(代表)
0558-38-0443(予約)
FAX 0558-25-5050
診療科目 内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、外科、整形外科、小児科、眼科、耳鼻咽喉科、婦人科、脳神経外科泌尿器科リハビリテーション科、麻酔科
病床数 150床
一般101床(地域包括ケア16床)、回復期リハビリテーション45床、感染4床
医療機器 X線CT装置(64列)、MRI装置(1.5T)、骨密度検査装置、血管造影装置、その他、9台の放射線機器あり
施設 敷地面積:17,128m2
延床面積:8,632m2
鉄筋コンクリート構造地上4階(免震構造)
主な施設基準 一般病棟入院基本料7対1
回復期リハビリテーション病棟入院料2
地域包括ケア入院医療管理料1
救急医療管理加算
診療録管理体制加算
医師事務作業補助体制加算
急性期看護補助体制加算
療養環境加算
重症者等療養環境特別加算
医療安全対策加算
感染防止対策加算
退院支援加算
後発医薬品使用体制加算
データ提出加算
認知症ケア加算
公表資料 ・一般事業主行動計画PDF
・医療の質と活動の実態調査・改善事業についてPDF

ページの先頭へ