下田メディカルセンター 部門紹介

  1. 下田メディカルセンター トップ
  2. 診療科・部門
  3. 医療技術部門 リハビリテーション科

医療技術部リハビリテーション科(部門)

当院リハビリテーション科は理学療法士(PT)18名、作業療法士(OT)2名が在籍しています。

PTは運動療法や物理療法を通じて動作の改善や身体機能の向上を図ります。関節可動域の拡大や筋力強化を行いながら寝返り・起き上がり・立つ・歩く等の基本動作の練習・指導を行います。

OTは日常生活に必要とされる作業(食事や着替えなどのセルフケア、家事や仕事、余暇活動など)が、怪我や病気などの何らかの理由により上手くできなくなった患者さんに対して、身体だけではなく精神面に対しても作業を用いてアプローチしていきます。

医療技術部リハビリテーション科(部門)

スタッフ

スタッフ数

※2019年12月現在

外来 小児外来 急性期・包括ケア 回復期
PT3名・OT1名 PT1名 PT6名・OT1名 PT8名・OT1名 助手1名

※外来・急性期OTは兼任

施設基準

・ 運動器リハビリテーション料1

主な対象疾患:胸腰椎圧迫骨折、腰部脊柱管狭窄症、腿骨転子部骨折、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、肩関節周囲炎、橈骨遠位端骨折 等

・ 脳血管疾患リハビリテーション料1

主な対象疾患:脳梗塞、脳出血、硬膜下血腫、頭部外傷 等

・ 廃用症候群リハビリテーション料1

主な対象疾患:誤嚥性肺炎、消化管潰瘍術後等の廃用症候群 等

・ 呼吸器リハビリテーション料1

主な対象疾患:慢性閉塞性肺疾患 等

・ がんリハビリテーション料

主な対象疾患:胃癌、大腸癌、膵臓癌 等

業務内容

外来リハビリテーション

外来診察時に医師のリハビリが必要と判断された場合に処方されます。外来リハビリテーションを希望される方はまず診察を受けて頂く必要があります。他院からの紹介の場合も同様です。完全予約制となっていますので担当セラピストと日程を合わせて頂きます。当院入院時にリハビリを受けていた方も退院後引き続き外来リハビリにて継続することも可能です。
1単位20分。患者さんの状態によりますが1~3単位行います。
(リハビリには期限があります。リハビリ終了については担当セラピストと相談しながら行って頂きます。また、入院時と外来で担当者が変更になります。ご了承下さい。)

急性期リハビリテーション

病気や怪我により入院された患者さんで、主治医のリハビリが必要と判断された患者さんに対しリハビリを実施していきます。
1単位20分。患者さんの状態によりますが、1~3単位行います。

地域包括ケア病床

急性期(一般)病棟で症状が安定して退院可能となっても在宅での療養に不安があり、もう少しの入院治療で在宅復帰できる方、在宅での介護者の介護疲れなどで一時的に入院が必要な方、を受け入れる病床です(最長60日)。
当院では、16床中9床がリハビリ対象となっております。1単位20分。患者さんの状態によりますが1~3単位行います。

回復期リハビリテーション病棟

急性期での治療を終えた患者さんで、引き続きリハビリテーションが必要と判断された患者さんが対象となる病棟です。急性期病棟より集中したリハビリテーションを実施します。
転棟に関しては対象疾患があることや事前に判定会を行う等、どなたでも必ず入院できる訳ではありません。また、自宅から直接入院することはできません。
1単位20分。患者さんの状態によりますが、2~3単位を午前・午後の1日2回行います。

リハビリ風景

リハビリ風景
リハビリ風景
リハビリ風景

装具診

医師の診断により装具療法が必要な方に対し、医師・セラピスト・装具士が相談しながら装具の作成を行います。

毎週水曜午前9:00-12:00 ※8月のお盆の週、年末年始は休診(予約受付のみ)

静岡県地域リハビリテーション推進事業

当院リハビリテーション科は静岡県からの要請により賀茂圏地域リハビリテーション事業に参加しており広域支援センターとして指定を受けています。

下田メディカルセンター、熱川温泉病院、伊豆今井浜病院、伊豆東部病院の各リハビリテーション科と連携しています。

リハビリ診療時間

外来

祝日
【午前】 9:00~12:30
【午後】 13:30~17:00

※土曜日午後、日曜日、祝日、大晦日・元旦は休診となります

入院

祝日
【午前】 9:00~12:00
【午後】 13:00~17:00

※日曜日、大晦日・元旦は休診となります

就職希望の方へ

リハビリテーション科求人特設サイト

ページの先頭へ