静岡県で、医療・保健・福祉など、総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

HOME交通・アクセス

予約専用電話番号 0558-38-0443

下田メディカルセンター 看護部紹介

  1. 下田メディカルセンター トップ
  2. 看護部紹介
  3. 看護部の紹介

看護部の各部門紹介

下田メディカルセンター 整形・外科系病棟

下田メディカルセンター 整形・外科系病棟職員

下田メディカルセンター2階病棟は外科混合病棟です。

外科・整形外科・眼科・泌尿器科・脳外科など多様な疾患の患者さんが、主に手術治療のために入院されます。80〜90代と高齢の手術希望の方も多く、早期離床を行い術後合併症が発症しないよう看護しております。

入院生活を安心して送っていただくよう、リハビリテーション科との連携を密にし、情報交換を行っております。

地域の特色として高齢者のみで生活されている方も多く、治療後は在宅サービスが必要になる方もあり、退院後の日常生活に困ることないような配慮を心がけております。

今後も地域の皆様に下田メディカルセンターを必要と感じて頂けるよう努力して参ります。

下田メディカルセンター 一般内科(一部小児科)病棟

下田メディカルセンター 一般内科(一部小児科)病棟職員

3A病棟は内科急性期病床33床、地域包括ケア病床16床の合計49床で運営しています。地域包括ケア病床は、急性期治療後のリハビリテーション、介護サービスなどを整えるための退院調整、在宅介護のための処置や生活指導など、在宅退院が円滑にできるよう支援するための病床です。また、在宅介護者のレスパイト入院やがん・慢性疾患患者終末期の看取りにも対応しております。

昨年度1年間で約200名の患者さんが入院し、そのうち150名以上が自宅退院されました。2025年までに国は地域包括ケアシステム構築を目指しています。賀茂地区は全国に先駆け高齢化率40%を超えており、賀茂地区の地域包括ケアシステム作りの中で当院の役割は大きいものとなります。

高齢化が進む中、地域の医療・看護・介護のニーズが高くなっています。地域のニーズの沿うように医師、看護師、コ・メディカルと一層の努力をして参ります。

下田メディカルセンター 3B(回復期リハビリテーション)病棟

下田メディカルセンター 回復期リハビリテーション病棟 職員

回復期リハビリテーション病棟がオープンして4年目になります。

昨年と同様「身体拘束ゼロ」に取り組み、患者さんの尊厳を守った看護を提供しています。今年度から、入院患者さんの定員を増やしていく予定でいます。

当院でリハビリを希望する患者さんが、継続してリハビリを行い、退院できるようにしていきたいです。入院中、定期的に病棟でカンファレンスを行い、問題を解決し、リハビリは実際にご家族に見学していただいております。

今後も在宅や施設転院に向けて、医師・理学療法士・介護福祉士・ソーシャルワーカー・訪問看護師・ケアマネジャーと連携を取り、退院支援をして行きたいです。

下田メディカルセンター 外来

下田メディカルセンター 外来担当看護職員

当院は賀茂地区の医療・介護を守り、地域の期待にこたえられる様に日々精進しています。過疎地の為、医師の確保も難しい中、海老名総合病院や順天堂静岡病院、その他の病院等から力を借りて、医師を派遣して頂き、週に1回ではありますが、泌尿器科や婦人科・循環器科などの患者さんにも対応しています。

また、内科外来では肝炎の専門医がいる為、専門的な治療も出来ます。その他の専門外来としては、禁煙外来・乳腺外来・肛門外来等もあります。平成28年度より、心臓治療の医師が常勤したことで、心臓の治療も始まりました。眼科では白内障手術を受ける患者さんが多勢来院される様になり、活気付いています。

地域医療・介護連携協議会後、地域との繋がりも深まり連携もスムーズに行える様になってきました。待ち時間の短縮など課題はまだまだありますが、これからも皆様に愛され、安心して療養できる医療機関として職員一同力を合わせて頑張っていきます。

下田メディカルセンター 手術室

手術室スタッフ
手術室スタッフ
手術室
手術室・中央材料室

手術室では、「患者さんが安全に、事故なく手術に臨んで頂けること」を一番に考え、日々の仕事に取り組んでいます。
平成24年5月の開院以来、右肩上がりに手術件数も増え、順調に患者さんの信頼を得てきました。少ないスタッフではありますが、時間差出勤を取り入れ、朝9:00からの手術開始に対応しています。(整形外科、外科、脳外科、眼科)
現在に至っては、「下田メディカルセンターで手術してもらえて良かった!」「遠くに行かなくても白内障の手術をしてもらえるので嬉しい!」などの温かいお言葉もいただき、私たちのスタッフの励みとなっています。
また、常勤医師の増員により、それぞれの診療科での手術症例も増え、より一層高度な技術を習得できるよう、スタッフ一同、努力していきたいと思っています。
手術室の隣に隣接している中央材料室では、手術室や病院内の滅菌物を取り扱い、衛生材料・医療材料についてはパソコンでシステム管理をしています。

ページの先頭へ