静岡県で、医療・保健・福祉など、総合的なヘルスケアサービスを提供しています。

HOME交通・アクセス

予約専用電話番号 0558-38-0443

下田メディカルセンター 看護部紹介

  1. 下田メディカルセンター トップ
  2. 看護部紹介
  3. 現任教育

現任教育

下田メディカルセンター 現任教育の考え方

看護職員、一人一人が、責任を持って業務を行う上での学ぶ機会を平等に提供する

  • 海老名総合病院看護部(教育)との連携
  • 医療安全・感染防止対策に関する研修会には、原則年2回は参加する
  • 災害研修、救急蘇生研修の義務付け
  • 看護補助者(介護福祉士・看護アシスタント)研修:技術、接遇研修の義務付け
  • 看護必要度研修
  • 管理者研修:科長、主任教育
  • 看護ふれあい体験、高校生の看護体験の積極的受け入れ
  • 職員の自己啓発に必要な書籍の整備や教育支援
  • 看護研究ができる環境整備

下田メディカルセンター 看護部継続教育について

組織にどのような人材が必要なのか、組織の理念・方針を基に教育体制を整備する必要があります。 成人の卒後教育は、ただ知識を増やす学習ではなく、自分の役割を果たすために院内教育・院外教育を個人の看護実践能力に応じた段階で行うことが重要です。
そこで平成26年3月から、クリニカルラダーを導入しラダー別研修を開始しました。

クリニカルラダー

クリニカルラダー(clinical ladder)とは

  • 看護師の臨床実践に必要な能力を段階的に表現したもの、キャリア開発の一部
  • パトリシア・べナーの看護論(初心者から達人へ)を基本に、育成と評価を連動させたもの。べナーは、臨床実践能力を7つの領域に分け、3つに分類した

構成する4つの力

クリニカルラダー4つの力

日本看護協会は、クリニカルラダーを構成する4つの力として、「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「まわり協働する力」「意思決定を支える力」を上げています。

5つの習熟段階

I II III IV V
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する ケアの受けてに合う個別的な看護を実践する 幅広い視野で予測的判断を持ち看護を実践する より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

I・III・IV・Vは共通、IIは部署別の内容

ラダー学習構成

院内研修 外部研修 発表会等
ナーシングスキル ・I・II・IIIはテストあり 静岡県看護協会研修 ・研修報告書 院内症例発表会 ・症例のまとめ
院内グループ学習 ・必要に応じレポートを課す その他の外部研修 ・研修報告書 JMA研究発表会
  • 5月:新年度 ラダー決定
  • 6月〜2月:研修期間
  • 3月:ラダー学習内容 チェック

ページの先頭へ